まだまだある悪徳業者

借金に関連した悪徳業者には、「紹介屋」「整理屋」などの他にも色々な手口があります。
お金を借りる前に、さまざまな悪徳業者があることを知っておきましょう。


買取屋

どこからも現金を借りることができない人を標的にして、まずクレジットカードで高額商品を購入させます。その後、商品を業者が安い金額で買い取ります。クレジットカードの持ち主は、一時的に現金を手にすることはできますが、商品が手元にないのにクレジットカードの支払いだけが残ることになります。
こういった業者は「ショッピング枠を現金化できます」などと謳っています。


あなたのブラックリストを消します

okanenai.png借金を延滞したり自己破産などの債務整理をした事故情報が、個人信用情報に記録されている状態を「ブラックリストに載っている」といったりします。そいった人に対して、信用情報を管理している機関の人間を装って「ブラックリストを削除しますので手数料を支払ってください」と接触してくる業者がいます。


正当な理由があり本人が申し立てをすれば事故情報を削除することも可能ですが、こういった業者に依頼してもブラックリストを消してもらえることはなく、手数料だけ騙し取られます。


あなたのせいでトラブルが起きた

信用情報機関を装い、「あなたの借金が原因でデータが破損した」「借金の申し込みのせいでトラブルが起きた」などと主張し、損害金を請求するケースもあります。
冷静に考えればあり得ないことですが、借金問題で頭がいっぱいの状態で判断力がなく支払いに応じてしまう人もいます。


まだ契約していないのに無理やり振り込む「押し貸し」

「押し貸し」は、契約手続きもしていないのに勝手に銀行口座にお金を振り込んできて、高金利の利息を請求してくる手口です。これは以前闇金を利用したときの情報(連絡先・口座番号など)が利用されてしまうのです。返金したいと申し出ても応じてもらえず、何日に利息を含めていくら返せば完済できると一方的に言い渡されることが多いようです。