急増している『ソフト闇金』とは

近年、「親切・丁寧」だけど「金利高め」という闇金が増えています。
応対や金利が"ソフト"ということで『ソフト闇金』と呼ばれています。


普通の闇金との違い

いわゆる普通の闇金は、トイチ(10日で1割)やトサン(10日で3割)といった超高金利で貸し付けを行い、支払いができないと厳しい取り立てが待っています。

一方、ソフト闇金の特徴はその名の通り"ソフト"なのです。

・丁寧な応対
・金利もそこまで高くない
・優しい取り立て
・親身に相談に乗る

電話での問い合わせにやさしい声の女性がでて、とても丁寧に説明してくれます。闇金のイメージとはかけ離れているために電話をかけてきた人は気が緩みますね。
「3万円お貸しできますよ。1ヶ月後までに4万円の返済をお願いいたします。」
これで返済に充てられる。助かった。と借りてしますのです。

このケースでは年利に換算すると約400%という超高金利ですが、金利が低めのところもあります。

また、返済できないと訪問による取り立てにくることはあっても、決して高圧的な態度や暴力をふるうようなことはなく、親身に人生相談にのってくれたりします(ふりをします)。


ターゲットは主婦やOL

ソフト闇金は、主婦やOLなど女性をターゲットにしているところが多いといいます。
自分の話を真剣な顔をして聞いてくれ、カウンセラーのように優しく「大丈夫ですか」と声をかけてくれる。
日頃あまり他人とのコミュニケーションのない女性は、完全に信用しきってしまうでしょう。

そうして、闇金ということに気付くことなくお金を借り続けることになるのです。